あっとふぁーむ荒井

お米は冷蔵庫保存が良い理由

お米の保存に適している温度は15℃以下、湿度は70~80%。
農家ではお米専用の冷蔵庫があるため品質を維持していますが、ご家庭でお米に最適な場所を確保するのは難しく常温で保存している方が多いと思います。
お米は腐りにくいですが常温保存だとカビや虫が発生する原因となってしまい、お米の味も落ちてしまいオススメできないため冷蔵庫(野菜室)での保存をオススメします。
野菜室は直接冷気が当たらないため冷蔵室より温度が高くお米には最適な環境だからです。
保存する場合は密封容器に入れ替えた方が、乾燥でのひび割れや食材の匂いがお米に移ることを防ぐことができます。

(密封容器・・・タッパー、米びつ、ペットボトル、ジップロック など)

 

一度にたくさんの量を購入すると冷蔵庫には入りきらないと思いますが、その場合は「日光が当たらない暗い涼しい場所」で保存をしてください。

※台所の流しした等の水回りは湿気が多いため保存は避けてください※

冷蔵庫や常温保存でも虫予防対策として「唐辛子・鷹の爪・ニンニク」やスーパーで売られている「虫よけアイテム」を入れるのも効果的です。

また、カビ対策には「備長炭」をお米と一緒に入れることで湿気や脱臭効果があります。

※高温多湿になると、唐辛子、鷹の爪、ニンニクは腐ってしまうことがあるので注意しましょう※

虫よけアイテムを使っても常温だと虫が発生しやすくなるので、なるべく温度を下げた場所での保管をしてください。

 

 

お米の保存方法と注意点をご紹介しましたが、、、

購入後は早めに食べることが一番です。

お米は玄米より白米にしてから劣化が早まります。
せっかく美味しいお米を買っても保存方法が悪かったり白米期間が長いと味が落ちてしまいます。
最低でも一ヶ月で食べきれる量を買った方がお米本来の味を楽しむことができます。