あっとふぁーむ荒井

お米を食べて花粉症が改善!?

花粉症といえば、スギやヒノキなどの花粉を吸引することで体にさまざまな症状が現れる現代病の1つです。改善策としてマスクを着用したり、目薬を手放せなかったりという人も多いはず。そこで、もしも花粉症に効果があるお米があるとしたら知りたくはないでしょか。脱花粉症に効果が期待されるお米のことを紹介します。

なぜ、花粉症になってしまうのか

目や鼻、口から花粉が侵入すると、体内のリンパ球が察知して排除するべきかを判断します。排除するべき物質と決まると、作られるのがIgE抗体です。このlgE抗体は脂肪細胞と結合します。再び体内に入ってきた花粉を見つけると、肥満細胞から放出されるのが、ヒスタミンなどの化学物質です。分泌された化学物質が、目のかゆみやくしゃみ、鼻づまりなどの花粉症特有の症状を引き起こします。

花粉症に効果的な対策

花粉症は、花粉を敵だと判断したリンパ球の反応からはじまります。有効な対策は、花粉を体内に侵入させないことです。花粉症に特化されたマスクやメガネを外出時に着用することで体内に侵入する花粉を減少させましょう。花粉を回避できれば、それだけ花粉症の発症リスクは抑えられます。しかし、ある時期を境に花粉症の症状に悩まされるようになります。なぜなら、微量な花粉が蓄積するとリンパ球が抗体作るようになるからです。花粉を体内に取り入れないことは大切ですが、取り込んだ花粉が抗体と過敏に反応しないこともポイントなのです。

初期療法が効果的だというワケ

花粉症に有効な初期療法は、花粉との関係性を改善させるのが目的です。大きく分けると手術療法とアレルゲン免疫療法があります。手術療法は特に症状がひどい人向けで、過敏に反応する粘膜の一部を除去する処置です。一方のアレルゲン免疫療法とは、花粉に慣れることで体が異常反応しないようにします。花粉症の症状が現れていない人や症状が軽い人などには、アレルゲン免疫療法が適しているでしょう。

スギ花粉症に効果があるお米とは?

お米の遺伝子に微量のスギ花粉を混ぜ込むことで、スギ花粉症治療米は作られています。初期療法の1つ、アレルゲン免疫療法に従い、いつもの食事でスギ花粉症治療米を食します。微量な花粉を継続的に体内に取り込む習慣を持つことで、体が異常反応しないよう改善させるものです。注意したいのは、取り入れる花粉量が多すぎるとアレルギー反応を招いてしまうこと。そこで具体的な食事方法として、白米に加えるスギ花粉症治療米の割合を少しずつ増やしながら食すのがポイントです。アレルゲン免疫療法の場合、薬や注射などが一般的ですが、お米なら気軽に実践できるので花粉症の緩和に期待できます。つまり、花粉症対策には花粉を体内に取り込まないようにしながら、過剰に反応しない体質作りが不可欠です。スギ花粉症治療米は、その効果が注目されています。

毎日の食事で花粉症が緩和させる

花粉症の改善には、花粉に反応し過ぎない体作りが大切です。スギ花粉治療米の特徴は、スギ花粉に体が慣れることで症状を緩和させられるところでしょう。毎日の食事で食するだけなので、手軽に花粉症の治療をはじめられます。

お米について