あっとふぁーむ荒井

小顔の秘密は「お米の食べ方」にあった!?

人物の印象を決めるにも「顔」は重要なパーツです。特に、女性の中には顔の小さな人に憧れる人も多いのではないでしょうか。今回は日常生活で実践できる小顔に慣れる方法をお伝えします。お米が関係しているので、食べるのが好きな人は必見です。

小顔の秘密は〇〇を鍛えること?

小顔になるために重要なのが「表情筋」です。表情筋を鍛えると二重顎や垂れた頬の原因となる脂肪が減少し、皮膚が上がるのでほうれい線やしわが目立ちにくくなります。加えて、目の周りにある表情筋を鍛えることで、まぶたを動かしやすくなるなど表情がより豊かになるはずです。小顔になれるだけではなく、笑顔がますます魅力的になって周囲から明るい印象を持ってもらえる可能性が高まります。さらに、顔の血流が改善されれば、肩こり解消や冷え性改善につながり、全身の変化が期待できます。

表情筋を鍛える方法とは

日本語はほとんど表情筋を動かさなくても話せる言語です。このため、日常生活をいつもどおり送っていても、なかなか表情筋を鍛えることができません。口角を意識的に上げてみるなど表情筋をトレーニングする方法はありますが、人によっては三日坊主で終わってしまうかもしれません。そこでおすすめしたいのが「お米を食べるときに回数を増やすこと」です。いったん良い食べ方を身につければそのうち表情筋を自然と鍛えられるようになります。また、噛む回数を増やすと胃腸の負担を軽減でき、唾液が良く出るようになるので虫歯予防にも効果的でしょう。

簡単!噛む回数を増やすだけ

咀嚼回数が多ければ多いほど表情筋を鍛えることができます。食べるものは何でも構わないのですが、柔らかいパンよりも硬いお米のほうが自ずと咀嚼回数は増えるでしょう。噛む回数を増やすとき、どちらか片方で噛む回数だけ増やしてしまうと噛みしめや歯ぎしりといった別の問題が生じかねません。このため、右で10回多めに噛んだら左でも10回噛む回数を増やしてみるなどバランスに気を付けてください。

噛む回数を増やすことで現れる効果

意識的に食べ始めの5分間噛むようにすると、ヒスタミンが分泌され満腹中枢が適切に働くようになるので、満腹サインが出る前につい食べ過ぎてしまう心配もなくなるでしょう。摂取カロリーが減少すれば痩せやすくなるので、顔の脂肪も減少することが期待できます。

噛む回数を増やしてあなたも小顔美人に!

小顔になるためにポイントとなる表情筋は、お米などの食べ物を噛む回数を増やすことで鍛えることができます。小顔になれるだけでなく、表情もより魅力的になれるはずです。胃の負担を軽くできるなど美容効果以外の点でも期待できます。

お米について