あっとふぁーむ荒井

朝の負担を軽減!時短弁当を作るコツ!

身支度や朝食の準備など、朝はただでさえ忙しいのに、お弁当まで作るのはかなりの負担ではないでしょうか。そのような人は時短弁当を作れるようになると良いでしょう。そこで今回は、時短弁当を作るコツを紹介します。

前日におかずの下準備をしておこう!

野菜を切ったり肉に下味をつけたりするなど、お弁当を作るにはいろいろな下準備が必要です。朝起きて下準備から始めていると、お弁当作りにとても時間がかかってしまいます。お米をといで炊飯器にセットしてタイマーをかけておくだけでなく、おかずの下準備もできるだけ前日に終わらせておくと良いです。夕食の下準備で野菜を切るときに、お弁当に入れる野菜も一緒に切って冷蔵庫に入れておきましょう。肉は下味をつけた後に、軽く火を通しておくと傷みにくいです。このように下準備をしておくと、お弁当を作る当日は、炒めたり茹でたりするような調理だけで済みます。

夕食のおかずを流用!小分けにして冷凍

お弁当を作るときの悩みとして、おかずの品数を増やすのに苦労することが挙げられます。夕食のおかずを多めに作って、お弁当のおかずとして流用することを考えましょう。そうすれば、お弁当の品数を増やすだけでなく、新たに調理する手間も省けます。ただし、おかずの保存の仕方には注意しなければなりません。翌日のお弁当に入れるのであれば冷蔵庫に入れておくだけで良いですが、翌々日以降のお弁当に入れるつもりであれば、冷凍して保存しておく必要があります。たくさん作って小分けにしてから冷凍すれば、数日にわたってお弁当のおかずとして利用できるので便利です。

メニューを工夫して複数の調理を同時進行!

異なる調理を同時に進行させることも、時短を実現するためのポイントです。そのためには調理方法が被らないようにメニューを工夫する必要があります。たとえば、フライパンを使って肉を炒める調理と、電子レンジを用いて野菜を蒸す調理は同時進行が可能です。その他にも、オーブンや鍋を使う調理も同時に行えます。同時進行する数が多いほど短時間でたくさんのおかずを作れますが、その分だけ注意が行き届きにくくなるので気を付けなければなりません。電子レンジやオーブンは正確にタイマーを使用し、それ以外の調理をするときもキッチンタイマーをセットしておくと良いでしょう。

おかずの用意を効率化!お米にもこだわろう

時短弁当を作るコツは、おかずを効率よく用意することです。しかし、お米がおいしくなければ、いくらおかずを充実させても魅力的なお弁当にはなりません。時短弁当を作るのであれば、おいしいお米を選ぶようにしましょう。

~お弁当にオススメなお米のご紹介~

冷凍して小分けで食べても美味しいと有名なお米ミルキープリンセス
ご飯は3合くらい多く炊いたほうが美味しく炊きがることを知っていますか?
一日に3合を食べるのは難しいと思うので、お休みの日にたくさん炊いて冷凍してみてください。
朝の忙しい時間にさっと解凍したご飯をおにぎりにしたり朝ごはんにすれば簡単に美味しいお米を食べれます。冷凍して保存しても美味しいお米なら嬉しいですよね。
ミルキープリンセスはモチモチ感が特徴あるお米なので、冷凍後も美味しく食べられるので時短弁当にはオススメです。

お米について